パスポート申請から取得までの期間とは? Q

  • シェア
  • LINEで送る
更新日:2016.3.31

ハネムーンで初めての海外旅行に行く予定です。ハネムーンの前の週に入籍は済ませて置く予定ですが、
パスポートの申請から取得までどのくらいの期間が必要なのでしょうか?

パスポートの申請から受領まで最短で6日間。ハネムーンの際は名義変更のタイミングに気をつけて。

A

パスポートの申請から受領までは最短6日間かかります

パスポートの発給申請は、初めての場合はもちろん、お手持ちのパスポートが期限切れのため申請する場合や、残存期間などが足りずに有効なパスポートを提出して新たに申請する場合、紛失や焼失・盗難により再発行を申請する場合のいずれも、申請 ・受領日を含む受け取りまでの日数は、最短で6日間かかります。
土曜日・日曜日・祝日、年末年始、国民の休日や振替休日を除き、6日かかると考えてください。
また、年末年始の期間は12月29日~1月3日は窓口がお休みとなるためご注意下さい。

ハネムーンで海外旅行に行く際の注意点とは?

ハネムーンで海外旅行へ行く場合、入籍の時期によってはパスポートの申請から受領までがタイトなスケジュールになる場合があります。
そのような場合には、パスポートの申請に必要な戸籍謄(抄)本が間に合わないなどのトラブルを回避するため、結婚前の別姓のまま海外旅行に旅立つ人もいます。

ハネムーンで気をつけたいポイントがエアーチケット(航空券)の名義とパスポートの名義が異なってしまうケースです。
エアーチケットはパスポート記載の名前・スペル(綴り)で発券されるので、旧姓時のパスポートでエアーチケットを予約・発券して後でパスポートの改姓をした場合には、エアーチケットの名義とパスポートの名義が異なるという現象が生じてしまいます。
この場合、飛行機への搭乗は拒否されてしまうので充分に注意してください。

出発の5日前にパスポートの有効期限切れに気づいたら

なお、パスポートの有効期限切れや残存期間不足に、出発の5日前にうっかり気がついたと言う場合、もしお手元に予約済みの航空券があったら、それを持参してパスポート申請窓口にその日の午前のうちに相談に行くことをおすすめします。「旅券早期発給願書」という書類に記入を求められ、確たる理由を証明できれば手続きに応じてもらえる場合がありますので最後まであきらめないようにしましょう。

情報提供 千葉 千枝子

淑徳大学 教授。中央大学卒業後、富士銀行入行。シティバンクを経てJTBに入社。96年に独立、運輸・観光全般の執筆、講演活動を行うほか、TV・ラジオにも多数出演。観光人材の育成に注力する。

TOP