スーツケースには鍵を掛ける?アメリカ旅行におすすめのTSAロックとは? Q

  • シェア
  • LINEで送る
更新日:2016.3.31

今度初めての海外旅行でアメリカに行く予定です。アメリカに旅行するときはTSAロックのついたスーツケースがおすすめだと聞きました。TSAロックについて詳しく教えてください。

アメリカに旅行する際はTSAロック機能のついたスーツケースを。TSAロックがない場合は、施錠をしないで預けましょう。

A

皆さんは普段使用するスーツケースに鍵をかけていますか?
小型のスーツケースの場合にはそもそも施錠機能がついていないスーツケースもありますので、日本国内の移動がメインの方は、スーツケースの鍵についてあまり深く意識したことがない場合も多いのではないでしょうか。ここでは国際線を利用する際のスーツケースの鍵のルールについてご紹介します。

スーツケースを航空会社に預けるときに、鍵をかけるべきか?

スーツケースには一般的に鍵がついていますが、鍵穴に差し込むタイプのものは旧式が多く、最近では3ケタ程度の暗証番号によるダイヤルロック式のものが多く出回っています。

・原則はスーツケースには鍵を。ただしアメリカ方面への旅行の場合には注意が必要です。
原則として航空会社にスーツケースを預けるときは鍵をかけるべきですが、例外としてハワイを含むアメリカ方面へ旅行する方は、TSAロックと呼ばれる施錠機能付きのスーツケースでなくては、スーツケースの施錠は許されていません。

TSAロックとは

TSAロックとは、アメリカ運輸保安庁が認めた鍵のことで、保安官がスペアキーを持っていて開錠して検査できるようになっています。赤い菱形などのマークが目印です。空港保安官が所有者の同意なしに開錠して、スーツケースの中身を保安点検できるしくみで、アメリカ入国の際に義務付けられています。スーツケースを新しく購入する場合は、TSAロックが組み込みになったものを選んでおくと安心ですね。

TSAロック機能がないスーツケースではどうする?

ハワイを含むアメリカ方面へ旅行する方は、TSAロックが組み込まれていないスーツケースの場合、施錠をしないで航空会社に預けなくてはなりません。

・スーツケースベルトの活用を
その場合、積み荷の衝撃でスーツケースの中身が飛び出すこともあるので、スーツケースベルトを締めることをおすすめします。なかにはスーツケースベルトにTSAロックがついているものもありますので、そちらを利用するのもいいですね。

・スーツケースをホテルに預けるときの注意点
ちなみに、スーツケースをホテルのポーターなど他人に預けるときには、必ず施錠した状態で預けるようにしましょう。また、鍵があるからと言って、客室内に置いたスーツケースのなかに貴重品を入れるのも禁物です。滞在中、貴重品は客室備え付けのセーフティーボックスに入れておくようにしましょう。

せっかくの海外旅行ですから、スーツケースなど荷物のトラブルはできるだけ避けたいものですね。
これからスーツケースを購入予定の方は、ぜひTSAロック機能のついたものを検討してみてくださいね。

情報提供 千葉 千枝子

淑徳大学 教授。中央大学卒業後、富士銀行入行。シティバンクを経てJTBに入社。96年に独立、運輸・観光全般の執筆、講演活動を行うほか、TV・ラジオにも多数出演。観光人材の育成に注力する。

TOP