国際線飛行機での機内持ち込みできるもの、できないものとは? Q

  • シェア
  • LINEで送る
更新日:2016.3.31

今度初めての海外旅行に出かけます。飛行機の機内に持ち込むことができるものとできないものについて詳しく教えて下さい。

国際線の機内持ち込みには、大きさや重さ、個数など各種制限があります。

A

国際線に持ち込める荷物は何個まで?

国際線の機内に持ち込めるものは、
・身の回りの品(ショッピングバッグ、ハンドバッグなど)一個のほか、
・次の条件の手荷物1個を別に、と定めているのが通例です。
(3辺の和が115cm以内、サイズが幅55cm×高さ40cm×奥行25cm、両者の合計重量が10kg以内など。詳しくはご利用予定の航空会社ホームページをご参照ください)
航空会社や利用する飛行機の大きさによってルールが異なりますが、重量については2つの手荷物の合計が10kgを超えないように準備しましょう。

持ち込みができるものについて

・身の回り品とは?
身の回り品とは、パスポートや財布などの貴重品類や携帯電話、機内で使用するもの(スリッパやアイマスク等)をさします。
パソコン、カメラなどの電子機器類を入れるバッグを別に1つ持つと便利でしょう。

・液体物の持ち込みについて
液体物(ジェルやエアゾール類含む)は100ml以下のものに限り、透明で封ができるプラスチック袋に入れれば持ち込むことができます。40cm以内の小型のプラスチック袋などに詰めて、保安検査場で提示して確認してもらいます。

持ち込み禁止のものについて

スプレー缶は、原則持ち込み禁止です。虫よけスプレーやヘアスプレーなど肌に触れてもよいものでも持ち込みを禁止する航空会社もありますので、これらはスーツケースに入れるようにすると安心です。

火気類は、マッチも含めて持ち込み禁止です。ライターは通常1人1個まで。
オイル交換ができるライター、例えばZIPPOタイプは持ち込み禁止です。これらはオイルを抜いて、スーツケースに入れるようにしましょう。ただし、オイル缶はスーツケースなどの受託手荷物にも入れることができませんのでご注意を。
喫煙者でライターが必要であれば、使い捨てライターを持ち込むようにしましょう。 なお、ライターの持ち込みについては航空会社によっては禁止になっていたり、持ち込めるタイプに制限がある場合がありますので、ご利用になる航空会社に事前に確認しておきましょう。

充電式ヘアアイロンや大型三脚(60cm以上)は、機内持ち込みができません。また、酒類や香水、ペットボトルなどの液体物は、空港の制限エリア内にある免税店で購入したものは持ち込むことが可能です。液体物は封を切らずに、輸出証明書(レシート兼用)を捨てないで持ち込むようにしましょう。

情報提供 千葉 千枝子

淑徳大学 教授。中央大学卒業後、富士銀行入行。シティバンクを経てJTBに入社。96年に独立、運輸・観光全般の執筆、講演活動を行うほか、TV・ラジオにも多数出演。観光人材の育成に注力する。

TOP