日本でのお得な外貨両替の方法とは? Q

  • シェア
  • LINEで送る
更新日:2016.3.31

今度初めての海外旅行に行く予定です。不安なので日本国内で外貨両替をしておきたいのですが、どこで外貨両替をするのがお得なのでしょうか。日本でのお得な外貨両替の方法について教えてください。

米ドルやユーロは日本国内で外貨両替するとお得なケースが多いです。

A

海外旅行では現地に到着後すぐに現金が必要になることも。そんなときのために、ある程度の金額は日本で外貨両替しておくと安心ですね。今回は日本での外貨両替の方法についてご紹介します。

日本での外貨両替はどこでできる?

外貨両替は、両替商の認可がある
・銀行や信用金庫
・外貨両替専門店
・旅行会社
・ホテル
・通販や金券ショップ
等で行うことができます。
銀行は、空港内はもちろん市中でも外国為替を取り扱う窓口や両替専門コーナーで対応してくれます。
金融機関の場合、窓口のほかにATM機で外貨両替ができる専用機械を用意していることも。また、空港内や外国人が多く行き交う場所では、外貨両替専門店が軒を連ねています。

外貨両替の手数料について

外貨両替をする場合には、手数料がかかります。一般に、ホテルのフロント(キャシャー)での両替は、銀行などに比べると手数料率などが割高な設定となっていることが多いです。
また、外国為替相場は日々変動するので、交換レートは毎日異なります。さらに、扱う店舗によっても規定のレートや手数料率が異なりますので注意しましょう。

・どんな通貨が国内で両替できる?
日本円を外貨に両替する場合、外貨から別の国の外貨に両替をする場合、いずれも取り扱う通貨の種類が店舗や会社によって異なるので、入手したい通貨の取扱いがあるか事前に調べておくとよいでしょう。

通貨の種類は、流通量が多い米ドルとユーロを筆頭に、
・オーストラリアドル
・ニュージーランドドル
・英国ポンド
・スイスフラン
・カナダドル
・中国人民元
等は、常時両替が可能です。

さらにマイナー通貨と呼ばれる一部の通貨(タイバーツやマレーシアリンギット、ニュー台湾ドル、韓国ウォン等)も日本国内で比較的どの両替商でも両替することができるようになりました。ただし、金券ショップの場合は、流通量が多い通貨に限られますので注意してください。

両替は日本国内と現地のどちらでするのがお得?

・米ドル、ユーロの場合
とりわけ「世界の基軸通貨」と呼ばれる米ドルやユーロは、日本国内で両替してから出かけると、現地での両替よりもお得なケースが一般的。これらは、さまざまな券種を組み合わせたパック売りがあります。

・マイナー通貨の場合
その逆に、通貨の流通量が少ないマイナー通貨の場合、円をそのまま持ちだして、現地で現地通貨に両替するとよいでしょう。空港到着後の当座のお金、例えばタクシー代や飲み物を買うなどの小遣い分はあらかじめ日本国内で両替しておくと安心です。

特に、現地に深夜到着する便で渡航する場合、空港内の銀行窓口が営業時間外で閉店になっていたり、ATM機が使用できないことも。そのため、事前に日本国内でマイナー通貨を当座の分、両替しておくとよいでしょう。
その場合でも、日本での流通量が少ないマイナー通貨は極めて交換率がよくありませんので、日本国内での両替は少なめにして、現地到着後に滞在費用分を両替するのがおすすめです。

・残った外貨は日本円に両替できる?
なお、残った外貨は日本円に再両替ができますが、その場合に再両替できるのは紙幣のみで、コインはできませんのでご注意を。また、現地で再両替する際には、最初に両替したときの計算書の提示が求められます。捨てずに残しておくようにしましょう。

情報提供 千葉 千枝子

淑徳大学 教授。中央大学卒業後、富士銀行入行。シティバンクを経てJTBに入社。96年に独立、運輸・観光全般の執筆、講演活動を行うほか、TV・ラジオにも多数出演。観光人材の育成に注力する。

TOP