海外でのお得な外貨両替の方法とは? Q

  • シェア
  • LINEで送る
更新日:2016.3.31

今度初めての海外旅行に行く予定です。現地で外貨両替をする場合のお得な方法があれば教えてください。

海外での外貨両替は小額紙幣を多めに持って行き、必要な金額だけこまめに両替するようにすると便利です。

A

海外旅行では、日本で両替していた現地通貨が足りなくなってしまうこともしばしば。そんなとき現地でのお得な外貨両替の方法を知っておくと安心ですね。
今回は海外での外貨両替の方法や注意点、知っておくと便利なちょっとしたコツなどをご紹介します。

海外での外貨両替の方法と注意点

米ドルやユーロなどメジャーな通貨は国内で両替して、マイナーな通貨は日本円を現地(海外)で両替するというのが、両替の基本原則です。

・現地での両替、まずは空港ロビーの両替所で
日本円を現地で両替する場合、まずは到着空港の空港ロビー内にある両替所で両替するのが安全でおすすめです。市中両替商より若干レートは高めですが、それでも当座のお金がない場合には、空港ロビー内で早めに現地通貨を手に入れるようにしましょう。

両替時には、パスポート提示や受け取りのサインを求められますので、パスポートはあらかじめ用意しておきましょう。

・両替が終わったらその場で確認を
両替が終わったら、金額の間違いがないか確認することをお忘れなく。
財布にしまう前に受け取った札の枚数を必ずその場(カウンター)で担当者の面前で確認してから受け取るようにしてください。

海外での外貨両替えは米ドルを用意しておくと便利な場合も

アフリカや中南米など一部の国や地域では、世界的に信頼されている米ドルを用意しておいて、現地でさらに両替するようにするのも一手です。米ドルの1ドル紙幣はチップなどにも役立ちます。
ただし、この場合は円から米ドル、そして米ドルから現地通貨へと手数料が2回かかり割高になりますのでご注意ください。

海外での外貨両替のコツ

・両替用に小額紙幣を持って行くと便利
海外で外貨両替するときは、日本円を万札券でなく千円券や五千円券などの少額紙幣で多めに持って行くと、必要な都度こまめに両替することができて便利です。

・空港免税店での支払いは現地通貨かクレジットカードで
また、空港免税店では多様な通貨の現金を取扱っていますが、交換レートはあまりよくありません。その場合は、現地通貨払い(現金)かクレジットカードの利用をおすすめします。

情報提供 千葉 千枝子

淑徳大学 教授。中央大学卒業後、富士銀行入行。シティバンクを経てJTBに入社。96年に独立、運輸・観光全般の執筆、講演活動を行うほか、TV・ラジオにも多数出演。観光人材の育成に注力する。

TOP