ロストバゲージから宿泊手配まで!入っててよかった海外旅行保険のサポートとは? Q

  • シェア
  • LINEで送る
更新日:2016.3.31

今度初めての海外旅行を予定しています。海外旅行保険に入ろうか悩んでいますが、いまいちメリットがわかりません。海外旅行保険のサービス・サポートにはどのようなものが含まれているのか教えてください。

海外旅行保険はちょっとした困りごとから、盗難などの事故対応まで幅広く旅行者をサポートしてくれます。

A

海外旅行保険というと、みなさんはどんな補償内容をイメージしますか? 旅先で病気やケガになったときに治療費などを補償してくれる、くらいの漠然としたイメージをお持ちの方もいるのではないでしょうか。

海外旅行保険は、病気やケガの治療費の補償はもちろん、そのほかにもさまざまなうれしいサポートやサービスを提供してくれます。
今回は海外旅行保険に付帯するサポートやサービスについて詳しくご紹介します。
ぜひこの機会に内容を理解して、海外旅行先でいざというときに慌てないように準備をしておきましょう。

旅先で病気やケガになったらどんなサービスがあるの?

海外旅行先で突然の病気やケガに見舞われたら、いくら海外旅行保険に入っているとはいえ手持ちのお金には限りがあるし、言葉の問題もあるし、いろいろ不安なもの。

そんなときに便利なのが、損保ジャパン日本興亜の新・海外旅行保険【off!(オフ)】に付帯されている「医療アシスタンスサービス」です。
このサービスを利用すれば、治療費は保険会社から病院に直接支払われるため、ご本人が多額のお金を用意したり、支払いをする必要がありません。(キャッシュレス治療サービス)

また24時間日本語対応の窓口で、病院の予約や通訳の手配はもちろん、万が一日本の病院へ移ることになった場合には帰国便の手配まで手厚くサポートしてくれます。

ただでさえ不安な海外旅行先での病気やケガ。この医療アシスタンスサービスがあれば、治療費の支払いや言葉の心配をすることなく治療に専念できるので、とても心強いですね。

旅先で盗難にあったり他人のものを壊してしまったら?

海外旅行先では病気やケガ以外のトラブルに巻き込まれることもあります。たとえば大切な持ち物を盗まれてしまった、他人のものを壊してしまい弁償しなければならなくなった、などの事故もその一つ。

そんなときにも海外旅行保険に入っていれば安心です。
損保ジャパン日本興亜の新・海外旅行保険【off!(オフ)】では、万が一の事故の場合にも24時間日本語で相談可能な「事故相談サービス」がしっかりサポートしてくれます。

例えば持ち物を盗まれてしまった場合、現地の警察へどのように届け出を出したらいいのか、そのときの必要書類は何か、といった情報や、他人のものを壊してしまい弁償しなければならない場合には、相手方との話し合い(示談交渉)についてのアドバイスや必要書類についても詳しく案内してくれます。

また、もう一つうれしいのが旅行中の事故で壊してしまったご本人のスーツケースやノートパソコンなどの修理のキャッシュレス・リペアサービス。保険会社が指定する業者を通じて修理を依頼すれば、修理代金は保険会社から修理業者に直接支払われるため、ご本人が修理代金を用意する必要がありません。(携行品キャッシュレス・リペアサービス)

送迎、宿泊、航空券の予約手配などもサポート

病気・ケガや事故とまではいかないまでも、海外旅行先ではちょっとした"知りたいこと"や"困りごと"がよくあるものです。
例えば宿泊施設や航空券の予約や手配、空港から宿泊施設までの送迎手配といったものから、パスポートやクレジットカードを紛失してしまった場合の手続きの方法といった重要なものまで、いざというときにサポートしてくれるサービスがあったらうれしいですね。

損保ジャパン日本興亜の新・海外旅行保険【off!(オフ)】の「海外とらべるサポート」はそんな旅先での"困った""知りたい"に答えてくれる便利なサービスです。

ほかにも海外旅行先でトラブルにあったときに、緊急時に電話で通訳をしてくれる通訳サービスや、ご親族や友達に向けた簡単なメッセージをご本人の代わりに電話やFAXで伝えてくれる伝言サービスなど、かゆい所に手が届くサービスが満載。

こんなサービスがあったら、初めての海外旅行でも安心ですね。詳しい内容はこちらでご確認ください。

SJNK15-19231(2016.03.22)

TOP