入国審査の方法とは?入国審査で使える英語とは? Q

  • シェア
  • LINEで送る
更新日:2016.3.31

休暇を取って、初めてアメリカに行くことになりました!初めてなのでわからないことだらけなのですが、英語が得意でないので入国審査が一番不安です。どんなことを聞かれるのでしょうか?入国審査で使える英語があれば教えてください。

入国審査で事前に自分の職業や入国目的、滞在期間や場所を言えるように準備しましょう。

A

事前に流れを把握して、入国審査を受けましょう

入国審査(イミグレーション)とは、入国審査官がパスポートの写真と本人の顔を見比べて、本人かどうかの確認を行ったり、過去の入国記録を調べて、入国許可を与えていい人物かどうかを審査する場所です。

英語が苦手な人や初めての海外旅行の人にとっては、この入国審査が最初の難関かもしれませんね。初めての経験で緊張するかもしれませんが、事前に流れを把握しておけば大丈夫。このドキドキも海外旅行の経験の1つです!

・パスポートはカバーから外して用意しましょう。
まず、事前準備としてパスポートを用意しましょう。カバーを付けている場合は外しておくとスムーズです。小さいお子様を連れている場合は、両親と一緒に入国審査をすることができます。また、このエリアでの写真撮影は禁止されているので注意しましょう。

・入国審査に進みましょう
自分の番になったら入国審査官の前に進み、まずパスポートを手渡しましょう。パスポートの写真とチェックをするので、前を向いて望みましょう。顔写真の撮影があることも。その場合は、足元に立ち位置が決められていますので、マスクやサングラスを外して、脱帽して撮影に応じてください。

入国審査官の質問に答えましょう

海外旅行で最初に直面する英会話が、この入国審査(イミグレーション)のブースにおける入国審査官とのやり取りです。聞かれる質問は大体決まっているので、事前に自分の答えを用意しておきましょう。

1)What's the purpose of your visit? 何の目的で来ましたか?
Purpose (パーパス)という単語が聞こえたら、滞在の目的を聞かれていると思いましょう。

回答例
Sightseeing (サイトシーン)  :観光
Business (ビジネス)      :仕事
To study (トゥ スタディ)   :勉強

またはもっとシンプルに「Sightseeing?」と聞かれることもありますので、「Yes」「Business」などと答えましょう。

2)How long will you be staying? どれくらい滞在しますか?
How long (ハウ ロング)という単語が聞こえたら、滞在の期間を聞かれていると思いましょう。

回答例
5days(ファイブ デイズ)  :5日間
1Week(ワン ウィーク)    :1週間
2 months (トゥ マンス)   :2か月

3)Where are you going to stay?  どこに滞在しますか?
Where (ホウェア)という単語が聞こえたら、滞在の場所を聞かれていると思いましょう。

回答例 ホテルの名前や住所を答えます。紙に書いたものを渡してもよいでしょう。

4)What is your occupation?  職業はなんですか?
Occupation (オキュペーション)という単語が聞こえたら、職業を聞かれていると思いましょう。

回答例 会社員 :Office Worker (オフィス ワーカー)
学生  :Student (スチューデント)
管理職 :Executive Officer (エグゼクティブ オフィサー)
社長  :President (プレジデント)
自営業 :Independent businessman (インディペンデント ビジネスマン)
公務員 :Government Official (ガバメント オフィシャル)
技師  :Engineer (エンジニーア)
教授  :Professor (プロフェッサー)
農業  :Farmer (ファーマー)
漁業  :Fisherman (フィッシャーマン)
専業主婦:Full-time housewife (フルタイム ハウスワイフ)
退職者 :Retired (リタイヤ―ド)

国によっては指紋と顔写真をとります

アメリカなど国によっては、指紋と顔写真をとります。

・入国審査で指紋を取る流れ
右手の4本指(four fingers:フォー フィンガーズ) → 右手の親指(thumb:サム)
左手の4本指→ 左手の親指

入国審査官の前に置いてある透明のプレートの上に指を置きます。順番は異なることもありますが、親指とそれ以外の4本の指は別々に取りますので覚えておきましょう。

もしわからなくても、入国審査官がジェスチャーで教えてくれるので安心です。

・入国審査で顔写真を撮る流れ
指紋を取ったあとに、顔写真を撮影します。Camera(カメラ)やPhoto(フォト)といった単語が聞こえたら、顔写真撮影になります。カメラに顔を向けます。メガネなどは外すようにしましょう。

・もしもわからない場合も、慌てずに対応しましょう
分からない場合、むやみに"Yes"と答えてしまうとトラブルになる可能性もあります。聞き直す場合は「Sorry?(ソーリー?)」や「Pardon?(パードン?)」と言うとよいでしょう。

記入書類に不備があると、色々な質問をされる可能性が高くなります。スムーズに入国審査を済ませるためにも、記入書類に漏れなどがないか事前にしっかりと確認しておきましょう。

入国審査が済むと、ターンテーブルでスーツケースを受け取り、税関申告台へと進みます。手荷物すべてのX線検査があります。そして出口へと向かいます。順路に沿って進みましょう。

英語が多少苦手でも、心配しすぎることはありません。入国審査官は、怪しい者でないかどうかを確認しているので、おどおどせず堂々と笑顔で対応できるといいですね。

情報提供 千葉 千枝子

淑徳大学 教授。中央大学卒業後、富士銀行入行。シティバンクを経てJTBに入社。96年に独立、運輸・観光全般の執筆、講演活動を行うほか、TV・ラジオにも多数出演。観光人材の育成に注力する。

TOP