初めての海外旅行でホテルに宿泊する際に知っておくと便利な英語とは? Q

  • シェア
  • LINEで送る
更新日:2016.9.2

初めての海外旅行でアメリカに行くことになりました。1人でホテルに泊まる予定ですが、英語が得意ではないのでホテルのフロントで上手くやり取りができるか不安です。ホテルに泊まるときに覚えておくと便利な英語があれば教えてください。

ホテルで使用する英語フレーズは決まり文句が多いので、この機会にしっかりと覚えておきましょう。

A

海外旅行での心配ごとは「言葉」という人が少なくありませんが、基本的な英話フレーズを覚えておくだけで、ホテルやレストラン、タクシーでのシーンがとてもスムーズになります。
今回は海外でホテルに宿泊する際、チェックイン、チェックアウト時に覚えておくと便利な英語フレーズをご紹介します。

ホテル・チェックイン時に使える英語フレーズ

あらかじめ予約をしている場合は、ホテルの受付(reception)に到着したら、「チェックインをお願いします」とスタッフに伝えましょう。その際、名前を尋ねられた後、

・予約確認書(confirmation sheet/slip) ・パスポート

の提示を求められます。予約確認書はホテルの予約を証明するものになりますので、あらかじめプリントアウトして持参するようにするとスムーズです。なお、旅行会社をとおして予約、事前決済した場合はバウチャー(Voucher)という紙が発行されます。こちらもチェックイン時に提出を求められますので、事前に準備をしておきましょう。

また、海外のホテルではチェックインのときにデポジット(deposit)という保証金を求められることがあります。 この場合は、クレジットカードの提示または現金でチェックイン時に支払うようにします。

[例文1]
「I'd like to check in.」(チェックインをお願いします)
「Can I have your name?」(お名前をお願いします)
「My name is ○○.」(私の名前は〇〇です)

予約をしていない場合は空いている部屋があるかどうか確認してもらうようにします。
チェックインが完了したら、翌日の朝食の時間や場所を確認しておくとよいですね。

[例文2]
「I have no reservation. Do you have a room available?」(予約していませんが、空いている部屋はありますか?)
「When is breakfast time?」(朝食は何時から何時までですか?)
「Where can I have breakfast?」(朝食はどこで食べられますか?)

チェックイン時間より早く、遅くホテルに着いてしまったら?

もしもチェックイン時間より早くホテルに着いてしまった場合は、ホテルに荷物をあずかってもらえるか尋ねてみましょう。荷物をあずけてしまえばチェックイン時間まで身軽に行動できますね。

予定していたチェックイン時間より遅れてしまう場合は、予約した人の名前と到着時間を伝えておきましょう。電話で話をする場合は、ゆっくり、はっきりと伝えるようにするとよいでしょう。

[例文]
「Would you keep my baggage until check in time?」(チェックインの時間まで荷物をあずかってもらえますか?)
「I have a reservation for tonight, My name is 〇〇. I will arrive at your hotel around 10pm. Are you OK? 」
(今夜泊で予約した〇〇です。到着が夜10時になりますが、宜しいですか?)

ホテル滞在中に使える英語フレーズ

ポーターやコンシェルジュなど、ホテルのスタッフに特別に世話になったときやルームサービスを利用した場合は、チップを渡すようにします。レストランやタクシーでは料金の15%程度が基本ですが、ホテルではちょっとしたサービスに
対して、米ドルなら1~2ドル程度を渡すようにします。

チップを渡すときは、「手伝ってくれてありがとう」と笑顔で声をかけて手渡すとよいでしょう。
金額がわかるように、できれば紙幣で渡すようにします。小額紙幣、例えば米ドルでしたら1ドル紙幣をたくさん用意しておくと便利でおすすめです。

[例文]
「Thank you for your help.」(手伝ってくれてありがとう)

ホテル・チェックアウト時に使える英語フレーズ

■ホテル・チェックアウト時に使える英語フレーズ
ホテルをチェックアウトするときは、受付で「チェックアウトをお願いします」と伝えてルームキーを返却します。
その際、ミニバー(客室冷蔵庫)を利用したかどうか尋ねられますので、利用していなければはっきりと伝えるようにしましょう。

[例文]
「I want to check out please.」(チェックアウトをお願いします)
「Did you have anything from the mini-bar?」(ミニバーをご利用になりましたか?)
「I had nothing from the mini-bar.」(ミニバー利用はありません)

明細書の金額に誤りがあった場合は?

チェックアウト時に明細書(bill)を受け取ったら、金額が正しいかどうかをチェックすることをおすすめします。海外では間違えて外線電話の代金などが請求されることは珍しくありません。もし間違えている場合は、代金に計算違いがあることを伝えるようにしましょう。不明な明細については遠慮なく問いただしてください。

[例文1]
「I think there is a mistake in the calculation of my bill.」(明細書の代金に計算違いがあるようです)
「What is this charge for?」(これは何の料金ですか?)
「I didn't make any phone calls.」(電話は使っていません)

また、チェックアウト時には手荷物を階下におろしてもらったり、ホテルスタッフにタクシーを呼んでもらうための英語フレーズを覚えておくと便利です。ホテルを出発する際は、スタッフにお礼の一言が言えるととてもスマートですね。

[例文2]
「Could you bring my baggage down, please. 」(手荷物を(階下に)おろしてください)
「Would you call a taxi, please. 」(タクシーを呼んでください)
「I enjoyed my stay. Thank you very much. 」(快適な滞在でした、ありがとう)

ホテルでの英語フレーズはこちらが聞くことも、相手に聞かれることもある程度決まっています。
まずは今回ご紹介した基本的な英語フレーズを覚えておき、必要に応じてその他のフレーズも使えるようになるといいですね。

情報提供 千葉 千枝子

淑徳大学 教授。中央大学卒業後、富士銀行入行。シティバンクを経てJTBに入社。96年に独立、運輸・観光全般の執筆、講演活動を行うほか、TV・ラジオにも多数出演。観光人材の育成に注力する。

TOP