ダイヤモンドヘッド山頂で日の出を見る方法とは? Q

  • シェア
  • LINEで送る
更新日:2016.10.3

初めての海外旅行でハワイに行くことになりました。せっかくハワイに行くのでダイヤモンドヘッドの山頂から日の出を見てみたいと思っています。ダイヤモンドヘッドの山頂から日の出を見る方法や、注意点について教えてください。

11月下旬~3月上旬限定。日の出が早い春から秋は山頂で日の出を見ることはできません。

A

ハワイのシンボルともいえるダイヤモンドヘッド。山頂から望む大パノラマは爽快そのもの。ホノルル随一の絶景スポットで、水平線から朝日が昇る感動的なシーンを見ることもできます。

ここではダイヤモンドヘッドの山頂で日の出を見るために最適な季節や、ダイヤモンドヘッドまでのアクセス方法をご紹介します。

ワイキキの街と海を360度展望する絶景スポット

ワイキキの東側にそびえるダイヤモンドヘッドは、30万年前の火山噴火によって形成されたクレーターです。標高232mの山頂に登ると、オアフ島をぐるりと一望することができます。美しいワイキキ・ビーチやビルが立ち並ぶショッピングエリア。そして真下に広がる大海原。山頂だからこそ目にすることができるパノラマビューは必見です。

登山口から山頂までは片道約1.1kmのハイキングコースが整備され、所要30~40分。歩きやすい靴さえあれば誰でも比較的簡単に登れるコースなので、ハワイを訪れたらぜひ一度は足を運んでみてください。

ダイヤモンドヘッド山頂からのご来光は、日の出が遅い冬だからこそできる楽しみ方

パノラマビューとともに人気が高いのが山頂から眺める日の出の光景ですが、一年中いつでも見られるわけではありません。というのも、登山道がある公園のゲートが開くのが朝6時だからです。
山頂まで約40分かかることを考えると、夜明けが早い夏場は、朝6時にスタートしても山頂に着く前に太陽が昇りきってしまいます。

ハワイの日の出時刻は次の通りです。
・11月中旬が6時40分前後
・12月~1月中旬は7時前後
・3月中旬以降になると6時半ごろ
つまり、11月下旬~3月上旬までの季節限定のお楽しみというわけなのです。

早朝のアクセスはレンタカーかタクシーで。日の出ツアーを利用する方法も

ワイキキからダイヤモンドヘッドまでのアクセスはThe Bus(ザ・バス)の場合、クヒオ通り海側のバス停から23番に乗って約15分、「Diamond Head Monument(ダイヤモンドヘッド・モニュメント)」のバス停下車、ここから登山道入り口までクレーターに入るトンネルを抜けて約15分歩きます。

ただし、このルートのバスの始発は午前7時ごろ。ダイヤモンドヘッド山頂から日の出を見るためには、レンタカーかタクシーを使うしかありません。入園料が1人1ドル、車の場合は1台につき5ドルです。また、旅行会社が催行するダイヤモンドヘッドの日の出ツアーを利用する方法もあります。

足元はスニーカーかトレッキングシューズで。飲料水も必携

登山道が整備されているとはいえ、途中から舗装路が途切れて岩場となり、山頂付近には急な階段もあります。冬場は雨が降ることも少なくないので、足元は滑りにくいスニーカーかトレッキングシューズを履いて出かけましょう。

早朝は肌寒く、日が昇ると急激に気温が上がるため、ジャケットやパーカーなど、脱ぎ着しやすく体温調整ができる上着を持参することをおすすめします。

夜明け前の真っ暗ななかを歩くことになるので、足元を照らす懐中電灯かヘッドランプがあると安心です。下山時には日が昇っていますから、飲料水、帽子、日焼け止めも忘れずに。

途中、休憩ができる展望台はありますが、売店やトイレはありません。トイレは登山道入り口近くにあるビジターセンターで済ませてから登り始めるとよいでしょう。

冬の季節は日の出を目当てにやってくる人が増えるため、山頂付近のハイキングコースが大混雑します。予定時刻通りに山頂に到着できないことがあるので、時間に余裕を持って出かけましょう。

情報提供 永田 さち子

ライター&エディター。スキー雑誌の編集を経てフリーに。国内外の旅、食、ライフスタイルをテーマに執筆。著書に、『自然のしごとがわかる本』(共著・山と溪谷社)、『よくばりハワイ』シリーズ(翔泳社)、『ハワイを歩いて楽しむ本』(実業之日本社)他がある。

TOP