オアフ島からハワイ島は何時間?ハワイ島への行き方 Q

  • シェア
  • LINEで送る
更新日:2017.04.10

今度の休みに初めてハワイ島へ旅行に行く予定を立てています。オアフ島もハワイ島も両方楽しみたいので、オアフ島で2泊後、ハワイ島へ移動しようと考えています。オアフ島からハワイ島へはどれくらい時間がかかるのでしょうか?また、ハワイ島への行き方を教えてください。

オアフ島ホノルル国際空港からハワイ島へは飛行機で45~50分ほど。ハワイ島へは羽田からの直行便があります。

A

1週間程度の旅行であれば、オアフ島に滞在してからハワイ島へ移動するより、まずハワイ島に滞在してからオアフ島へ移動し、オアフ島のホノルルから日本へ帰国するのがおすすめ。

2016年12月より羽田からハワイ島コナ空港への直行便が就航しているので、行きは日本からダイレクトにハワイ島へ入れば、効率よくハワイ島とオアフ島を楽しむことができます。

オアフ島は最後に訪れるのがおすすめ

ハワイ島への行き方は2とおりあり、オアフ島のホノルル国際空港経由と、羽田から直接ハワイ島コナ空港へ飛ぶ方法があります。

ハワイ島に限らず、ホノルルがあるオアフ島と、そのほかの離島(ハワイ島、マウイ島、カウアイ島)を2島組み合わせるプランの場合、先に離島(ハワイ島、マウイ島、カウアイ島)を楽しむことをおすすめします。なぜなら、そのほうが時間の節約になるうえ、ショッピングの利便性も高いからです。

日本からオアフ島のホノルル空港に到着したら、そのままターミナルを移動して離島(ハワイ島、マウイ島、カウアイ島)便に乗り換えると、移動が楽なので時間を節約できます。

また、ハワイ島へ行く場合は、羽田空港からハワイ島のコナ空港へ週3回(水・金・日曜)就航している直行便を利用すれば、乗り換えなしで行くことができます。

ショッピングの利便性に関してですが、お土産のショッピングの中心はホノルルがあるオアフ島です。オアフ島で買ったお土産を持ってハワイ島へ移動するより、ハワイ島を楽しんでから最後にオアフ島でお買い物の仕上げをするほうがパッキングも楽というわけです。

オアフ島とハワイ島、2島滞在のパッケージツアーが便利

初めてハワイ島を訪れるなら、ハワイ島とオアフ島、2島滞在のパッケージツアーを利用するのが便利。

ほとんどのツアーは日本からオアフ島のホノルル空港到着後、同じ日にほかの離島(ハワイ島、マウイ島、カウアイ島)へ移動します(直行便利用のツアーは、ダイレクトにハワイ島入りします)。パッケージを利用することで国際線と国内線を別々に予約する手間が省けますし、飛行機の乗り継ぎについての簡単な説明がおこなわれるので安心です。

ハワイ島は公共交通のバスの便が少なく、移動手段の中心がレンタカーになってしまいますが、パッケージツアーなら空港~ホテル間の送迎付きなので、移動もスムーズですよ。

ホノルル国際空港からハワイ島への行き方

[ハワイ島の空港はコナ空港とヒロ空港の2カ所]
ハワイ島には、リゾートエリアが集中する西海岸のコナ空港と、ハワイ第2の都市・ヒロ空港の2つの空港があります。どちらの空港ヘもオアフ島のホノルルから1時間に1~2本が就航し、所要時間は40~50分です。

ハワイ島のホテルは西海岸のコナエリアに集中するため、ハワイ島を含む一般的なツアーはコナ空港を利用することが多く、コナ空港のほうが便利です。
個人旅行であればオアフ島ホノルルからコナ空港に入って、ヒロ空港からオアフ島ホノルルに戻ってくる、または逆のプランも可能です。

[ホノルル国際空港から国内線でハワイ島へ]
日本からハワイ島ヘの直行便が到着する国際線ターミナルと、オアフ島ホノルルからハワイ島へのフライトが発着する国内線は別々の建物です。オアフ島ホノルル到着後、入国審査を済ませたら日本の空港であずけた荷物を受けとり、「Interisland Terminal(他島行きターミナル)」へ移動します。

[他島行きターミナルのチェックイン方法]
チェックインは、フライト時刻の2時間~90分前からできます。航空券とパスポートを提示し、機内にあずける荷物を計量します。

このとき、注意しなければならないのは、国際線と国内線(他島間)ではあずけられる荷物の規定が異なること。

国際線の場合、ほとんどの航空会社が
重さ:23kg以内
大きさ:長さ+幅+高さの合計が157~203cm以内 ※大きさの規定は航空会社により異なります
の荷物を2個まで無料で預けられます。

一方、他島間では
重さ:23kg以内
大きさ:157cm以内
の荷物につき、
1個目:$25
2個目:$35
の料金がかかります。

規定を超える大きさの荷物は別途、追加料金が発生します。
国際線からの当日乗り継ぎの場合は、1個目が無料に、2個目から料金が発生します。

国内線のほうが重さ、数量の規定が厳しくなっています。オアフ島のホノルルと他島間を結ぶエアラインの場合、通常は1個目の荷物から有料ですが、日本から乗り継ぎのチケットを提示すれば1個まで無料、2個目から有料となります。

チェックインが終わったら、手荷物検査とボディチェックを受けて搭乗ゲートへ進みます。

情報提供 永田 さち子

ライター&エディター。スキー雑誌の編集を経てフリーに。国内外の旅、食、ライフスタイルをテーマに執筆。著書に、『自然のしごとがわかる本』(共著・山と溪谷社)、『よくばりハワイ』シリーズ(翔泳社)、『ハワイを歩いて楽しむ本』(実業之日本社)他がある。

TOP