LINEで送る
シェア
LINEで送る
シェア

オーストラリア・エアーズロック

エアーズロックってどんなところ?

オーストラリアの赤い心臓部と言われる巨大な一枚岩・エアーズロックは、先住民・アボリジニの聖地で、精霊が宿っている場所として崇められています。アボリジニからウルルと呼ばれていたものがイギリスの探検家によって発見され、エアーズロックと名付けられました。
1987年、ユネスコに世界自然遺産・世界文化遺産の複合遺産として登録されました。

エアーズロックの周辺情報

ノーザンテリトリーのウルル-カタ・ジュダ国立公園に位置するエアーズロックは、天候がよければ登山ができ、ツアーも催行されています。登山をしない場合には周辺の散策路から、オルガ山(カタ・ジュタ)の見学も可能です。
また、砂漠にありながら唯一の水場・ムティジュルの泉は、岩肌にハート型のくぼみがみられ、枯れない愛を誓い合うカップルやハネムーナーに人気です。

強大なパワーを感じられるエネルギースポットは、
現代風にエアーズロックというよりも「ウルル」と呼ぶのがふさわしく、
アボリジニのアナング族が今も信仰する聖地です。
特に日の出・日の入のころの景色は何とも言いえぬ神々しさに溢れて
います。夏であっても太陽がないと寒いので、防寒対策を忘れずに。

パワースポットでパワーチャージ!!

強大なパワーを感じられるエネルギースポットは、
現代風にエアーズロックというよりも「ウルル」と呼ぶのがふさわしく、
アボリジニのアナング族が今も信仰する聖地です。
特に日の出・日の入のころの景色は何とも言いえぬ神々しさに溢れて
います。夏であっても太陽がないと寒いので、防寒対策を忘れずに。

オーストラリア・エアーズロックの基本情報

日本からの行き方

日本からはケアンズ・シドニー・メルボルンで乗り継ぎます。シドニーからエアーズロック空港まで約3時間の距離です。エアーズロック(ウルル)に宿をとれば早朝の日の出ツアーも参加が可能。
エアーズロック空港から参加ができる1泊ツアーもあります。登山をするなら所要2時間は必要です。

日本からのルート一例

成田(夜)→(日本航空・カンタス航空など飛行時間約7時間)→ シドニー(ジェットスター航空など飛行時間約3時間)→ エアーズロック(翌午後)

注意事項

エアーズロック(ウルル)の周辺地域は、紫外線が強く、また風が強いことでも有名な地域です。
帽子で紫外線対策をする場合は、風で飛ばされないように気をつけましょう。
また、寒暖の差が激しい地域でもあるので、時期によっては防寒対策も忘れずに準備しましょう。

TOP